2017年10月12日

【20171012】もしも自分だけが消えるとしたら

「あと数日で地球が滅亡するとしたら」という仮定は、子供の頃から、ある意味慣れ親しんできた話題だと思います。

でも、もし自分だけがいなくなるとしたら、という仮定は、なんかちょっと不気味で、話題にするのもタブーなような気がしますよね。

急にそんな話をしだしたら、「こいつ、下手したら自殺するんじゃないか」と思われてしまうかもしれませんね。


もちろん筆者に自殺願望はありませんが、今日はあえてこのテーマで書いてみようと思っちゃいました。

筆者にとってブログは、誰と話すわけでもない、自分自身との対話の時間でもあります。


もしも、自分だけがこの世からいなくなってしまうことが決定的だとしたら、あなたはそれを周りの人に伝えようと思いますか?

これは地球滅亡のテーマではありえない話です。自分以外は生き続けるわけですからね。


もし自分なら、きっと死ぬまで誰にも何も言わないだろうなあ、と思います。


もともと話下手で、人の話を聞くほうが好きなんですけど、頭の中ではいろんなことが渦を巻いてるんですよね。

いつも色々な思考が巡り巡って、結局何も口から出る言葉がない、なんてことばかりです。


そんな自分がいきなり「自らの死」について語り出す勇気なんてありません。


そういう理由もあるし、もし自分が死ぬことを誰かに話してしまったら、その人は、死ぬまでどんな気持ちでいればいいのでしょうか?

もしかしたら嘘を吐かれているかもしれない、と思ったり、死ぬまでに何をしてあげられるだろう、と思ったり、いろんなことを考えなくてはなりません。


そんなことを考えたら、絶対に言えないと思ってしまいます。



でも、例えば自分が結婚したとして、家族ができたとしたら、言わなければならないですね。

結婚して家族になることは、いわば、自分が死んだ後どうしていくのかを考える責任を付帯することになります。

だから、奥さんには絶対言わなくちゃいけないと思います。

幸せなことばかりではなく、どんなに辛いことでも分かち合うと、人生をかけて約束するのが結婚だと思います。



自分がいつ死ぬのか、いなくなるのかなんて誰にもわからないと思います。

いつ死んでもいいように、毎日100%で終われるようにしたいですね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

【20171011】肝臓に異常あり

先日、会社の健康診断がありまして、最近その結果が返ってきました。


案の定、太りすぎの指摘。笑

東京に来てから節約しまくっているので少しずつ痩せてはきていますが、まだまだ標準体重よりは重いです。

急激なダイエットは逆に体に負担をかけてしまうようなので(というか自分には不可能。笑)、マイペースにこれからも健康に気を遣っていけたらと思います。


それよりも、肝臓の数値に異常が見つかったことの方がショッキングでした・・・

肝臓は肥満と比例するように異常が見つかる臓器のようで、おそらく脂肪肝によるものと思われます。

脂肪肝の原因は、飲酒や食べ過ぎによる肥満があり、筆者の場合は普段お酒を飲むことはないので、明らかに食べ過ぎが原因です。


そこで、健康診断の結果が出てからすぐに、対策に乗り出しました。

まずは肝機能を正常に戻すために、肝臓に良いサプリメントを始めました。

今回試しているのは下記商品です。


他の商品に比べてコストパフォーマンスが良かったことと、1日の摂取目安量が2粒と少ないことが決め手です。

昔から錠剤の服用が苦手なのですが、1粒の大きさも小さめで飲みやすかったです。

おそらく、このサプリメントを服用する方は普段お酒を飲まれる方だと思うし、開発サイドもそういった人たちをターゲットにしているものと思われますが、「肝臓を良くする」という点において効果があるものだと信じています。笑


しじみに多く含まれる「オルニチン」という栄養素は、肝機能の正常化だけでなく、新陳代謝の向上にも一役買ってくれるそうで、ダイエットの観点からみても有効なようです。

とりあえずしばらく試してみて、経過を見てみようと思います。


次の健康診断はおそらく来年だと思うので、その時には異常ゼロを目指して、少しずつ健康を目指していきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

【20171010】幸せを考えるとき、人は幸せなのだろう

先日、大学の友人の結婚式に行ってきました。


周りでちらほら結婚をする人達が増え、順調にライフステージを進めている人達がいる中、今の自分自身と照らし合わせてみると、なんだか社会不適合者のような感覚に陥ります。笑


「こんな自分と人生を共にしてくれる人なんているのだろうか」と考えることもありますが、多分、いるとしてもその人をパートナーとして認識するのはもっと先のような気がしています。



「幸せ」に関しては、価値感が人それぞれで異なります。

その中で「結婚」というワードは、「幸せの象徴」のような印象を受けます。


結婚をステータスと考える人もいれば、契約と考える人もいる。

昔は「政略結婚」なんていうのもあったようですね。



ちょっと自分に当てはめて考えてみて下さい。

例えば、好きな人に「好きです」と告白する時。

好きな人と恋人になれた時。

恋人と結婚する時。

こどもが産まれる時。


どの瞬間をとっても、そこにはきっと幸せがあります。


うちの両親も、普段はお互い文句を言い合ったりしていることもありますが、なんだかんだお互い認め合っているというか、人生のパートナーとしての信頼を感じます。


まだまだ自分自身にはこどもじみたところが沢山あって、結婚するには相手にいらぬ迷惑をかけてしまうような気がしています。

経済的にもまだ一人前とは言えないし、独身のうちにやっておかなければならないこともあります。


いつの日か、自分に結婚をするタイミングが来たら、そのときは、これまでとはまた違った幸せを感じることができるんじゃないかな、と思っています。

posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする