2017年11月12日

【20171112】圧倒的な差を縮め、超えるには(サッカー親善試合 日本×ブラジル)

20171110230204a77.jpg

※あくまでも一人のサッカー好きの意見ですので、こんな意見の人もいるんだ、くらいに読んでいただければと思います。




先日の日本VSブラジルのサッカーの試合を見ていて、「やっぱりブラジルは強いなあ」と思ってしまうくらい、日本代表が圧倒されていました。

今回の日本代表は、前半と後半で全く違うチームのような印象を持ちましたが、それ以上にブラジルが後半から手を抜き始めたのも印象的でした。

相手にとってもっとも屈辱的とされる、怪我でもないのにGKの交代をされたり、後半途中ではエースのネイマールを途中交代させたり、終始ブラジルの余裕さを見せつけられた90分のように思います。


これがW杯本番じゃなくて、良かった。


今回世界トップレベルのブラジル代表と戦うことができたことは、日本代表にとって間違いなく大きな財産になると思います。

試合を見ていてもスコア以上の差を感じましたし、何より終始日本代表が振り回され続けていました。

疲労度も日本とブラジルじゃ全然違うんじゃないかなと思いました。


確かに日本代表の選手の個々の能力は、前よりも上がっているように思います。

でも、日本代表という一つのチームとして見た時に、チームワークによる相乗効果は間違いなく前よりも少ないと思います。

もちろん、新しく代表入りした選手や、A代表の試合にあまり出ていない選手もたくさんいた中で、チームワークを求めるのは筋違いなのかもしれませんが、それでもミスのカバーができなかったり、ルーズボールやセカンドボールのほとんどがブラジルに取られてしまっていたところを見ると、やはり差を感じざるを得ません。


ブラジルは攻撃も守備も本当にシンプルで、スペースへのスルーパスを中心に、選手の動きを殺さないパスワークが見事でした。

ドリブルで相手を抜き去るというようなプレーはほとんどなく、パスで日本を翻弄しているように見えました。


今まで日本代表の中心選手でもあった本田や香川が召集されない中での今回のブラジル戦が、これからの日本代表にどのような影響をもたらすのでしょうか。

続きを読む
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

【20170413】真央ちゃん引退に思うこと

とうとう、自分と同じ世代から、アスリートを引退する人が出てきました。
自分も歳をとったなあ、、、と感じました。



真央ちゃんは1つ上の学年ですが、中学生の頃からたくさん活躍を見てきました。


フィギュアスケート選手の引退は平均的にとても早いですよね。
野球選手で言えばまだ若手の段階です。


これからはどんな仕事をしていくのでしょうか。
またテレビで見れるのが楽しみですが、まずは「お疲れさま」ですね。

ゆっくり休んで、また次のステップに進んで欲しいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする