2017年02月14日

【20170214】日米首脳会談

先日、安倍首相とトランプ大統領による日米首脳会談が行われました。

皆さんはこの会談、そして数日によるゴルフや会食などの交流をどのように見ましたか?


世間では評価は大きく分けて2つに分かれているようです。

他国がトランプ大統領に距離を置く中で、安倍首相が一歩リードしたような感じになっています。
これをプラスに評価し、アメリカとの関係が深まっていくことへの期待感がありますね。

その一方で、日本が急激に近づき過ぎていると評価し、今後の世界情勢に対する日本の立ち位置を懸念する、といった見方もあります。


筆者の個人的な意見を申し上げますと、前者寄りです。

それは、安倍首相が政治家になるきっかけに起因する理由があります。
経緯は省略しますが、安倍さんは「北方領土問題の解決」を、政治生命をかけて取り組んでいるようです。


安倍首相と、ロシアのプーチン大統領の仲は比較的良好のようなので、安倍首相にとってはアメリカの協力を得ることで、北方領土の問題を少しでも解決に近づけようとしているのではないかと思います。

というのも、日米露の3国で北方領土でカジノを運営する計画が上がっているよう(間違っていたらすみません)で、先日騒がれたIR(カジノ)法案も、それが根底にあるのではないかと感じました。


こうやってみると、安倍首相のこれまでの行動は一貫しているなと思います。

まだトランプ大統領が誕生してから1ヶ月弱です。
総裁任期延長の話も上がってますし、安倍首相にはできるところまで頑張って欲しいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする