2017年04月01日

【20170401】ロケットモバイルを契約してみました

スクリーンショット 2017-03-28 18.43.47.png

ずっと気になっていた格安SIMの「ロケットモバイル」をこの度契約してみました。


契約プランは、月額298円の「神プラン」。
最大200kbpsの回線が無制限で使えます。


正直通信品質に期待はしていなくて、とにかく安い料金でのスマホ運用がきちんとできるか、そして「ロケモバポイント」がどんな感じかを知りたくて契約しました。


気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。



契約を考えてる方へ、招待コードを貼っておきます。
契約時に下記招待コードを入力すると、ロケモバポイントが200ポイントもらえます。
招待コード:WPTNFVGQYH


今後も使用感レビューなどを投稿予定です。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

【20170220】アップロードに強い格安SIM

データ通信には2種類あることをご存知でしょうか?

それが、ダウンロードとアップロードです。

以前のivideoの速度テストのスクリーンショットを見てみましょう。
IMG_5945.PNG


この画面には、「PING」・「ダウンロード」・「アップロード」と、3つの数値がありますね。

まず、PINGとは「応答速度」のことです。
これはスマホやタブレットなどのデバイスの使用感に直結してくる、非常に重要な数値です。
数字が小さいほど応答速度が速いということになり、いくら通信速度が速くてもこの数値が大きいとすぐには通信できないということを表し、結果としての使用感は通信速度の遅い状態と変わらなくなってしまうでしょう。


ダウンロードは、我々が通常使っているサービスを使用するような時に使う回線です。
例えばWEBで調べ物をしたり、SNSのタイムラインやYouTubeを見たり、というような時は、ダウンロードの速度が速い方が快適に通信を行うことができる、ということです。


それに対してアップロードは、自分の入力したものをWEBにアップする際などに用いられる回線です。
例えばSNSに自分の写真や文章を投稿したり、YouTubeに動画をアップロードする際などにこの回線が使われます。


通常はダウンロード速度が重視されるので、色々なブログなどではダウンロードの数値をランキングにしたりしていますが、中にはアップロードを中心に使う方もいらっしゃることでしょう。


そのような方のために、アップロードに強い格安SIMを見つけました。
それが「U-mobile」です。
logo.png

(引用:http://umobile.jp/

U-mobileでは、通信制限時でもアップロード速度はなぜか高速通信がそのまま使える、といったような現象が確認されています(2017/2/20現在)。

そのため、アップロードならこのSIMさえあればし放題、ということになりますね。
動画や写真をSNSやYouTubeなどにたくさんアップしている方や、何らかの事情でアップロード回線をたくさん使用している方にとってはとてもおすすめです。

データ通信専用SIMの場合、790円で1GBのプランが最安です(690円のダブルフィックスプランというものもあるのですが、従量課金制で1GB以上が900円となってしまうため、おすすめしません)。

790円でアップロードが快適になるので、必要な方はSIMを契約してみてもいいかと思います。


実際に試してみたい方のために、2ヶ月間のトライアルキャンペーンも行っているようです(2017/2/20現在)。
料金はもちろん無料で、しかも5GB使えるので、これは試さないと損ですね。



またお得な情報を見つけ次第、記事にしていこうと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

【20170219】softbank系の格安SIMはこれから増える?

b-mobileを提供する日本通信が3月22日からsoftbank回線の格安SIMを提供するそうです。


これにより、softbankのSIMロックがかかったスマホでもb-mobileの格安SIMサービスを利用することができるようになります。
ただ、b-mobileの回線速度は今までそこまで安定していない上に、夜になるとかなり低速化してしまうようなので、この辺は懸念材料と言えるでしょう。


とはいえ、softbank回線を使用した格安SIMが大々的に発売されることは、格安SIM業界にとって大きな動きとなるため、今後の他MVNOのsoftbank回線参入にも期待したいところです。


中でも既にマルチキャリア(docomo,au)契約が可能なmineo,IIJmioなどがsoftbank回線にも対応となると、企業価値は一層たきものになると思います。
現時点でマルチキャリアを成し遂げているので、可能性は十分にあるのではないかと個人的には思っています。

今後のsoftbank回線の格安SIM事情は要チェックと言えます。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする