2017年12月28日

【20171228】年末調整と確定申告の違い

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312_TP_V.jpg

最近は自分のことばかりブログにしていたので、たまには皆さんの役に立ちそうなことも書いてみようと思い、ここはやはり自分の専門分野で、ということで、今日は「年末調整」と「確定申告」の違いについて、簡単に説明してみようと思います。


1.「年末調整」と「確定申告」の目的

まず、何のために「年末調整」や「確定申告」をするのか、というところから理解する必要があります。

年末調整は、簡単に言えば「プチ確定申告」のようなもので、目的としては全く一緒の手続きとなります。

基本的には年末調整も確定申告も目的は同じで、その年に支払うべき所得税を確定させるのが大きな目的となります。


2.年末調整とは

会社や事業主から給与をもらっている人は、源泉所得税や住民税などが天引きされた金額が支給されていると思います(いわゆる手取り金額)。

社会保険に加入していれば、社会保険料も天引きの対象になりますね。

所得税について、「扶養控除」や「生命保険料控除」などの所得控除や、「住宅借入金等特別控除」などの税額控除などを加えて再計算をして、正しい所得税額を計算するのが年末調整です。

給与所得者で年末調整を行った人は、年収要件や労働事業所数要件など特定の条件に引っかからない限り、確定申告をしなくて済みます。


3.年末調整に必要な書類

年末調整で使用する書類は、次の2つです。

・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
扶養控除申告書.PNG

この申告書、見慣れている方も多いのではないでしょうか。

フルタイムで働いている方はもちろん、パートやアルバイトの方にも提出義務がある書類です。

これを会社に出さないと、あなたの所得税がとんでもない額になる可能性があります。

ペライチの紙ですが、これがあるのとないのじゃ大違いです。

さきほど、年末調整はプチ確定申告のようなもの、と書きましたが、この申告書は「プチ確定申告書」にあたります。

この申告書では、扶養控除にあたる扶養親族がいる場合に書きます。

通常、扶養親族1人につき38万円の所得控除が得られます(扶養要件等の説明については今回は割愛させていただきます)。

つまり、扶養に当たる人が多ければ多いほど支払うべき所得税が安くなるということなので、その分、既に給与から天引きで差し引かれている所得税の還付が受けられることになります。



・給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書
保険料控除申告書.PNG
こちらはちゃんと見ている人も多いと思います。

この申告書は、生命保険等に入っている方や、扶養配偶者にも年収がそこそこある場合などに用いる書類で、支払った金額や配偶者の年収金額などによって所得控除額を計算するための書類です。

特に保険料控除の方は計算が少々複雑で、迷われる方も多いかもしれません。

そして、生命保険料控除には3種類の枠組みもあって、控除を最大限に受けるためには、それぞれの枠の控除をきちんと得る必要があります。

最近はサラリーマンや主婦でも確定拠出年金が解禁されたりしましたが、その掛金はこの申告書の右下にある「小規模企業等共済掛金控除」として全額算入することができます。


4.確定申告をしなければならない人
給与所得者のほとんどは、年末調整をするだけで所得税の清算(多くの場合還付を受けること)ができますが、個人事業主であったり、給与以外に収入がある人などは、確定申告をしなければならない場合があります。

確定申告書には「A様式」、「B様式」があり、それぞれこんな感じです。

shinkoku-a1.pngshinkoku-b1.png

Bの方が若干細かいなあ、と感じる方が多いと思いますが、いろいろな収入がある方は大体Bを使います。

Aを使う人は、例えば給与を2ヶ所以上から受け取っている人だったり、年金を受け取っている人だったり、給与の年収が2,000万円以上ある人だったりが該当します。

自分自身もいずれお世話になるであろう申告書です。



5.損をしない年末調整をするために

年末調整と確定申告の違いについて、ご理解いただけましたでしょうか。

多くの人にとって所得税の清算は年末調整で完結します。

それだけに、年末調整は皆さんが思っている以上に重要な手続きです。

本来払うべきではない税金を払ってしまわないように、漏れなく所得控除を入れて、適正な還付を受けられるようにしましょうね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

【20171227】負けなければ勝てる

キャプチャ.PNG

非常に偏った考え方なのかもしれませんが、この「負けなければ勝てる」という言葉がとても好きです。

「継続は力なり」とかにも通じると思いますが、1度負けてももう一度やってみて勝てればいいし、次また負けてもその次はわからない。

そして最終的に勝つことができればいいと思うんですよね。

まあ、何に勝つか、そして勝つ意味があるのかを最初に考える必要はありますが、1度勝とうと思ったことは、それをあきらめない限りは負けることはないと思っています。

どんなことでも、1番の敵は自分自身です。

自分自身に負けなければ、勝てます。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

【20171226】一貫性の自認は必要ない

ikkannsei.jpg
自分がまだ小さい頃、テレビで見るスポーツ選手はとても輝いて見えました。

野球選手も、サッカー選手も、もちろんその他のスポーツどれをとってもみんなとてもかっこよくて、憧れでした。

スポーツ選手やアスリートと呼ばれる存在になるには、その道で生きていく覚悟と、一貫した努力が必要です。

それは今でも変わらないと思いますが、昔とは違い、今では、プロレベルにおけるスポーツ選手が成長するレベルや効率まで統計化され、その人に合った練習方法などが開発されています。


昔は、「耐える社会」だったかもしれません。

でも、今は違います。

やりたいことは、自分次第でなんでもできる社会になりつつあります。

別に有名でもなんでもないこの自分が、毎日ブログに記事を投稿しているだけで、月間約5,000人が見てくれるようになりました。

内容には全く一貫性がありませんが、それが強みになる場合もあります。

同じものを貫き通すことも重要だと思います。

ただし、それに固執するあまり、本来何通りもある可能性を1つに絞るのはとても危険だと思います。

選択は常に訪れます。

自らの一貫性(ある意味では固定観念ともとれます)を守るために、その時その時に何も考えずに選択してしまったりすると、間違えた時に間違えたと気が付かなかったりします。

きっと、周りから一貫性があると思われている人こそ、そこには自認の一貫性なんて微塵もなく、自ら考えに考えを重ねて、変化を怖がらずトライ&エラーを繰り返しているのでしょうね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする