2019年01月01日

2019年、達成すること

gasho.jpg

あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。

早速ですが、2019年をどんな年にしたいか考え、今年達成することをまとめてみました。
今年は自分にとって変化の年です。
やるべきことは最小限に絞り、シンプルに3つです。


@標準体重(約60kg)への減量
お会いしたことのある人は知っての通り、私は肥満体型です。
小さい頃から痩せていた時期はなく、今に至るまでずっと標準体重になったことはありません。
今年1年かけて、標準体重まで落とそうと思います。
物心ついてから、他の人と比べて体重が重いことにコンプレックスはあったものの、食欲に勝つことができず、この歳まできてしまいました。
とても意志の弱い人間です。でも、いつまでもそんな自分でいて良いはずがありません。
そんな自分にとって、歩くのが好きであることは救いです。
2018年、たくさん歩いたり走ったりしたお陰で、体力がとてもついた気がします。
2019年は、本気で痩せます。
そのために、運動だけでなく食生活も含めて、改善していきます。
定期的な経過確認等にどのツールを使おうかはまだ悩んでいます。
日次報告は基本的にブログで行おうと考えています。
具体的な減量スケジュールや詳細計画などは、後日またブログにアップロード予定です。
ちなみに現在約85kgなので、大まかに言うと1年で25kg減を目指します。


A社会保険労務士資格の取得
今年は必ず資格をとります。3度目の正直。
毎年金沢アカペラタウンと試験日程が被り、所属しているバンドが出場できず迷惑をかけてしまっているので、今年で決めます。
約2年前にファイナンシャルプランニング検定2級+AFP資格を取った時に描いた未来と今は異なっている(アカペラ関係がとても充実し、想像よりも良い未来になっていると感じている)けれど、これ以降取得できた資格がなく、不合格癖が付きつつあるため、今年は本腰を入れて勉強に割く時間を多めに捻出します。
去年、同時に受験した税理士試験(簿記論・財務諸表論)の受験は今年は見送り、資格関係は社労士1本に絞ります。
そして今年無事社労士資格が取れたら、満を辞して来年以降、改めて税理士試験に臨もうと思います。
自分が如何に弱い人間であるかを再確認できた2018年だったので、2019年は、確実に強くなり、結果を残す1年にしたく、このような決断をするに至りました。


BKing of Tiny Roomの売上高を3倍にする
去年はおかげさまで、とても多くの方にKing of Tiny Roomを知ってもらうことができました。
King of Tiny Roomは、福島大学アカペラサークル"Rainbow Pumpkin"の同期OB3人によって構成される、アカペラ楽譜販売を中心としてアカペラ活動の全体的な支援を行っている団体です。
3人の名前の頭文字(Keisuke,Takumi,Ryu)を使い、「小さな部屋の王様」という意味をもつ団体名、とても自分達に合った名前だと思って命名しました。
KTRの輪は、2019年で飛躍的に伸ばしていく予定です。
もちろん、お金が全てじゃないことは重々承知しています。
自分自身も、お金にならないようなことを沢山こなしています。
結果的にそれが自分自身のスキルとなり、新しいことや高度なこともできるようになってきています。
KTRの経済的価値はまだまだ低いですし、大きくできるかどうかは、自分達の手にかかっています。
最初に残りの2人に声をかけた時、実は、自分自身はどうしようもない気持ちでした。
当時、岩手の地で初めての1人暮らしを経験しており、仕事も長時間勤務が続く中、やっぱり自分にとって必要なものは、音楽であり、それを具体的に表現できるのがアカペラでした。
当時は2人に対して平静を装っていましたが、全てが上手くいかず精神的に追い詰められていて、藁にもすがる思いで2人に声をかけたのが、KTRの始まりでした。
絶対アカペラは、合唱に並ぶ文化にすることができる、と本気で思っています。
だけどその為には、アカペラに自発的に携わる人がもっともっと増えなければなりません。
それを叶える為に自分達ができることを、今までもメンバーで話し合って模索しながら、やってきました。
隠すようなことでもないので言いますが、2018年のKTRの売上高は、約100万円でした。
一事業としては全く成り立たない数字です。
ですが、全く売上見込みの無いところから始めたことが、年間100万円規模にまで成長したことは、一定の手応えと共に、今後につながる大きな自信になりました。
途中、DLmarketの緊急閉鎖などにより、委託していた楽譜が販売できなくなるという被害もありましたが、KTRメンバーでWebに強いよっさんが楽譜販売のプラットフォームを作ってくれていたお陰で、今はKTRの独自サイト(https://kingoftinyroom.net/service/score/)での楽譜販売を行うことができています。
売上高を3倍にする、ということは、年間売上300万円を目指す、ということです。
ただし、KTRはあくまでもビジネスが先行することは考えていません。
重要なのは、利益目標ではなく、単なる売上目標であること。
売上規模の拡大は、KTRの認知度の増加とアカペラ市場全体が盛り上がっていくことが同時に達成されなければ、難しいと考えています。
KTRは、基本理念(≒モットー)として「アカペラしやすい環境づくり」を据えており、それをぶらせるほど利益に執着するつもりはありませんし、これからも、少しでも多くの人がアカペラに関わることで笑顔になれるような空間や作品づくりを進めていきたいと思っています。



以上、長くなりましたが、2019年に達成すべき3つのことを書きました。
他にも、suisaiosco;picaroを中心として現在活動しているアカペラグループも精力的に活動していきたいと思っているし、企画関連(楽しく歌おうの会マッサカペラ等)も精力的に行っていきます。
また、個人のYouTubeチャンネル2つ(https://www.youtube.com/user/Drash5296)(https://www.youtube.com/user/TheDrashTV)についても、去年よりも積極的に更新していけたらと思っています。

2019年も、よろしくお願い致します。


2019/1/1 齋藤 龍(Ryu Saito)
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018年

2018年は、自分にとって多くの成長があった年でした。

今までも目標があったけれど、それを今年は具体的に進めることができました。

今までやってこなかった細かいタスク管理や、スケジュール調整を綿密にすることによって、今まで以上に多くのことに携わることができるようになりました。

ただ、やりたいことが多すぎて、不完全燃焼に終わった年でもありました。

2019年、新しい元号が始まる1年。

どんな1年になるか、全ては自分にかかっています。

2019年は、変化の多い1年にしたいと思っています。

それは、新しいことへのチャレンジの1年ではなく、純粋な変化をしたいと思っています。

来年になったら、新年の抱負を更新したいと思います。

今年も1年、お世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。
posted by Ryu Saito at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

ソラマチアカペラストリート2018 レポート(osco;picaro編)

c9c2333774dd3d667e92f13356050394e_21899268_181225_0003.jpg

大分遅くなってしまいましたが、ソラマチアカペラストリート2018、2日目(12月2日)のファイナルステージに出場させていただいた「osco;picaro(オスコピカロ)」の出演レポートを書きたいと思います。

osco;picaro(以下オスコ)は、東京大学LaVoce、一橋大学The First Cry、首都大東京das Lied、福島大学Rainbow Pumpkin、以上4サークルのOB・OGで構成されているバンドで、主に東京で活動しており、映画の主題歌をアカペラで歌っています。

c9c2333774dd3d667e92f13356050394e_21899268_181224_0035.jpg
まさかこの大観衆の前で歌える日が来るとは思っていませんでした。

本番の動画はYouTubeにアップロードされているのでぜひご覧ください。


現在、オスコの代名詞と言っても良い、「This is me(『The Greatst Showman』より)」を、この大観衆の方達と一緒に歌うことができた時間、アカペラを続けてきて本当に良かった、と思えた瞬間でした。

c9c2333774dd3d667e92f13356050394e_21899268_181225_0033.jpg
前、後ろ、どこを見てもお客さんがいる景色。壮観でした。

今回歌わせて頂くにあたり、たむらまろの「ぬ。」くんに動画で取り上げてもらったものがありますので、そちらも併せて掲載させていただきます。


実をいうと、オスコ自体は組んでからまだそれほど場数を踏んでおらず、また社会人バンドのためそれほど頻繁に練習ができている訳でもありません。

でも、それをみんなわかっているから、毎回の練習は真剣です。
だけどそれが楽しくて、とにかくみんな歌が、アカペラが大好きなメンバーだから、場数が少なくても、この舞台に上がることができたのではないかと思います。

もちろん要因はそれだけではありませんが、それを可能にできちゃうメンバーの凄さを、今改めてひしひしと感じています。
自分がオスコのメンバーの一員であることがとても嬉しいです。

まだまだ、オスコの映画は始まったばかり。

これからも、「映画の世界を、アカペラで。」を体現すべく、活動を続けていきたいと思います。

c9c2333774dd3d667e92f13356050394e_21899268_181224_0002.jpg
これからもosco;picaroをよろしくお願い致します。

osco;picaro Twitterアカウントはこちら→https://twitter.com/oscopicaro
posted by Ryu Saito at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする