【素朴な疑問】なぜカメラのファインダーは片目なのか?

181117-0027_TP_V.jpg

昨今、スマホで簡単に高画質な写真を取ることができるようになり、写真や動画をアップロードすることに特化したSNS(Instagramなど)も一般的になりましたね。

そんな時代においても、依然として「カメラ」は、確固たる人気を得ており、現代においてもSONYやCanon、Niconなど、名だたるメーカーが多種多様な需要に応えるカメラを作り続けています。

各種メーカーで売られているカメラを見ていくと、それぞれに特徴があったりするのはわかりますが、筆者はカメラについてはど素人で、全部ほとんど同じに見えてしまいます。

そんな中、1つの疑問が生まれました。


どうしてカメラのファインダー(覗き穴)は片目分しかないのか?

皆さんも、「確かに!」と思いませんか?

おそらく、レンズが1つしかないためファインダーも必然的に1つにならざるを得ないのかな、とか、素人なりに考えた答えはなくはないのですが、如何せん、それを裏付ける根拠を提示できない。

カメラを複数台持っている友達に同じ質問をしてみたところ、「考えたことなかった!」という前提がある上で、「すごい近い位置のものを見るときに、両目だとボケちゃうからかも、という予想」という、回答をもらいました。

確かに、目の前に指を立てると、両目だとなんとなく焦点が合わせにくい感覚はあります。


そもそもなぜこんな疑問を持ったかというと、「両目で覗けるファインダーのカメラ」があったら自分が欲しいと思ったからです。

でも、そんな商品探しても出てこないし、カメラのファインダーが片目であることの理由を調べても出てこない。

そんなわけで、ブログにして書いてみました。

もしかしたら有識者の方から、根拠のある回答を頂けるかもしれない、という一抹の願いを込めつつ、投稿しています。


最近、Twitterなどで「脳内に流れている音楽をできる限り再現する企画」をやっているのですが、ブログの方でも、脳内に浮かんでいる疑問を文章化していくようにすると、自分の頭の中も整理できるし、もしかしたら有識者の回答を得られるかもしれないし、良いなあ、と、書いてから思いました。

今後は減量進捗以外にも、好き勝手更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。
改めて「文章化するの楽しい!」と思えた良い休日でした。笑

ではでは。

この記事へのコメント