2017年11月30日

【20171130】他人の音楽と繋がる瞬間の喜び

onpu319.jpg


このブログを読んでくれている人の多くは音楽が好きな方だと思うんですが、あなたにとって音楽における喜びを感じるのはどんなときでしょうか?

筆者にとって音楽で一番喜びを感じるのは、"他の人と音楽をしている時間の一瞬一瞬"です。

学生のころから、自分一人でできる音楽もやっていましたが、それもそれで楽しいんです。

でもやっぱり他の人とそれぞれの音楽を合わせるということに、何物にも代えがたい喜びがあると思います。


上手いとか下手とかそれ以前に、人と声や音楽を重ね合わせるという行為そのものが、きっと自分は大好きなんだと思います。

それが原動力となって、今までいろいろな人と音楽をすることができました。

いろんな人と音楽をするのも楽しいですが、同じ人とそれぞれの音楽を練り合わせていくことも好きです。


自分はとても臆病な性格で、それが音楽にも出てしまう時があります。

でも音楽においては、どんな性格の音楽でも一つの個性になりえます。



本来性格自体に正解もないと思いますが、音楽においては正解の無さが特に顕著だと思います。

高校、大学と合唱をやってきて、そして大学から今に至るまでアカペラをやってきて、本当にたくさんの人と音楽をやってきましたが、それぞれ音楽をしている時はみんな前向きです。

そりゃそうかもしれません、義務的に嫌々音楽をやっている人はいないと思いますから。

でも、より良い音楽を目指そうとすると、どうしても壁にぶつかってしまうことがあると思います。

そんな時、一緒に音楽をやっている人に、なぜ自分と一緒に音楽をしているのかを考えてみると、自ずと良い答えに近づけるかもしれませんね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: