2017年11月11日

【20171111】変人になろう

アインシュタイン.jpg

歴史に名を残している人のほとんどは、どこかしらに変に感じるところがあるものですよね。

でも実際は人間にとって「変」なんて本来なく、それがその人の特徴を作り、それを究めると誰も見たことのない境地に辿りつけるような、そんな気がしています。


誰かの歩んだ道を歩むだけの人生は、一番リスクも少なく安定します。

現実にそれを良しとする人も多く、特に日本人はこの考え方が強い傾向にあります。


だから、そうでない人がとにかく目立ちます。

学校では目立つこと、とりわけ悪目立ちすると徹底的に叩かれてしまうので、なかなか学校だけでは自分のやりたいことを実現するのは難しいと思います。

興味を持った時に調べたいだけ調べて、学んで、そして自分自身でアウトプットしてみて形にしてみる。

たとえそれが納得いかないものだったとしても、全然構わないと思います。

最初からうまくいくなんて思わない方が良いです。

むしろ最初からうまくいってしまったら、すぐに興味が薄れてしまうかもしれませんよね。

今筆者が興味を持っていることも、どれも自分の理想とした形を実現するのが難しいものばかりです。

うまくいかないことが辛くなってしまってやめてしまう人もいるかもしれませんが、だからこそ、それでも続けている人は強いんです。

数々の失敗の中に小さな成功を見出して、それをまた新たなモチベーションとして循環させることができれば、理想としているものへ近づくスピードは、今までよりも早まるかもしれませんね。

それから、たくさんのことに興味を持つことは良いことだけど、それをいっぺんにやろうとするのも、挫折の原因となってしまいます。

優先順位をつけて、ひとつずつ整理して進んでいければ、あきらめていることも、もしかしたらできるようになるのかもしれませんね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: