2017年11月07日

【20171107】昨日の自分をほめてあげよう

sensei_homeru.png

「なんで昨日あれをやっておかなかったんだろう」と後悔することが日常茶飯事なんですが、それを考えることがプラスに作用することってあまりないんですよね。

だから、寝る前の自分と寝た後の自分は、他人(親友に近いような友達くらいの感覚)だと思ったほうが良いのかもしれない、と思いました。

自分自身だと思うとどうしても悪いところが目立って気づきがちですが、もっと良かったところを見つけよう、キャンペーン的なノリで、もっと過去の自分をほめてあげるのも大事だと思います。

特に自己肯定感の低い人にとっては、これをすること自体が難しい分、自分自身をほめるという行為自体がより効果的に作用する可能性があると思います。

過去の自分をほめるには、過去の自分が何かしら頑張っている必要があります。

必然的に何かを成し遂げなければ、ほめるのは難しくなりますよね。

だから過去の自分は未来の自分にほめてもらうために頑張らなければならない。

そしてそれをほめた未来の自分は、更なる未来の自分のためにバトンをつながなければならない。

その歯車が順調に回っていけば、気持ちもきっと安定してくるんじゃないかと思います。


最近、予定が立て込んでいて、家にいるときはなんだか疲れてしまって何もやる気が起きない時が多かったのですが、たとえゆっくりでも、未来の自分のために頑張らなきゃなあ、と感じました。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: