2017年09月17日

【20170917】格安SIM業界でメジャーになりつつある"中継電話"サービスの落とし穴

最近、格安SIMのCMも普通に見られるようになってきましたよね。

3姉妹とガチャピン、ムックが登場する「UQ mobile」や、"ワンキュッパ"が浸透している「Y!mobile」、"愛と革新"というキャッチフレーズの「LINEモバイル」、それ以外にも沢山の格安SIM会社がテレビやネットのCMを出していますよね。

業界自体が賑わっていないと、こんなにいろんな会社のCMを目にすることもないと思います。


そんな格安SIM業界の新たなトレンドになりつつあるのが、今日ご紹介する中継電話サービスです。
中継電話については、過去記事でもご紹介しています(【20170117】スマホの電話代節約術)ので、ぜひご覧ください。


まず、中継電話サービスは基本的に格安SIM会社が提供するアプリを使用して電話をすることになります。

うっかりこのアプリを通さずに、通常の電話アプリで電話をしてしまうと、その通話料については割引の対象外となります。

格安SIM会社の電話は、20円/30秒ととても割高なので、基本的にはあまり使いたくないところです。

中継電話のアプリを使えばこれが10円/30秒となり、半額で通話ができるようになるのですが、このアプリを使用するのを忘れてしまうと、悲惨なことになるのでご注意を…。


逆に「Y!mobile」のように、通話アプリを使わずにかけ放題のプランを提供している格安SIM会社と中継電話サービスは、相性が悪い場合があります。

これは使い方によるのですが、Y!mobileの場合、10分の通話までは無料で利用することができます。

ここで迂闊に中継電話サービスを使用してしまうと、10円/30秒が最初から発生してしまうことになるので注意が必要です。


電話をすることが多いけど、あまり難しいことは考えたくない、もしくは中継電話サービスを使いこなす自信のない方は「Y!mobile」をお勧めします。



中継電話サービスは、うまく使えば毎月の電話料金を抑えることが可能ですが、お得にならない人もいると思うので、どのくらい電話を使うかなどによって慎重に選ぶのが吉です。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: