2017年07月30日

【20170730】楽器が自分の一部になるまで

YouTubeチャンネルで弾き語り動画をアップロードするようになってから2週間ほど経過しました。

再生リスト作ってあるのでURL貼っておきます。


第1回目の投稿は、星野源の「季節」という曲でした。

最初は本当にコード弾きのみで、ギターのストローク演奏となんら変わりなく、そしてそれは今も基本的に変わりません。


動画が進んでいくごとに、できるだけ旋律やメロディ、原曲のフレーズなどを可能な限り弾いてみて、両手が自分の思い通りに動いてくれればそれを採用して弾いているんですが、今のところ本当にできることが限られていて、自分の頭の中にある音を弾くことができないもどかしさと日々闘っております…


今はまだギターの方が弾き語りとして成り立つと思うんですが、やっぱりピアノも弾けるようになりたくて、最終的には自在に鍵盤を弾きながら歌えるところまで上手くなりたいと思ってます。


ギターも、アルペジオ奏法で弾き語りができるようになるまで数年かかったので、ピアノにもそれなりの時間をかける必要があることは重々承知の上で、継続して弾き語りの練習をしていくことを決めてやり始めました。


だから動画もフルコーラスじゃなくてワンコーラス、下手したらサビだけとかもこれから出てくるかもしれませんが、それでも続けていくことの方が大事だと思います。


最初に紹介した再生リストを進めていくごとに劇的な変化が生まれるわけではないですが、少なくとも自分自身の成長記録としてはとても有用なものになると思っています。


四の五の言わず、続けていきたいと思います。

posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: