2017年06月30日

【20170630】LINEモバイルだからこそできること

久々に格安SIMについてのお話をしたいと思います。

twitter.png

今日はタイトルにもある通り、「LINEモバイル」についてのお話です。

最近の格安SIMの売りとして、特定のアプリの使用がデータ量カウントフリーになる、というものがありますが、LINEモバイルも例に漏れず、カウントフリーになるアプリが存在します。


LINEモバイルについては過去に記事を作っているので、ぜひご覧ください。



今日お話したいのは、LINEモバイルだからこそできることについてです。



みなさんお気付きの通り、LINEモバイルという名前ですから、LINEに関して特別な優遇措置があっても全然おかしくないですよね。


LINEモバイルの通信において、LINEはデータ量無制限となっています。

ここまでは良いんですが、ここからが本題。




格安SIMをメイン回線として使用したことのある人は誰もが経験することだと思うのですが、格安SIMにするとLINEの年齢認証ができなくなり、ID検索などのサービスが使えなくなってしまうんですね。


去年、auからmineoにした時もそれは懸念材料としてあったのですが、あの時は働いていなかったので、特にそれでも困らなかったわけです。



ただ、現在は状況が異なり、仕事柄取引先とLINEでやりとりすることもこれから出てきそうな状況です。



厳密に言えば、QRコードを使ったり、ダイレクトURLを使ったり、年齢認証をしなくても友達追加する方法はあるにはあるんですが、機能制限があるとやっぱり色々めんどくさいんですよね。


こちら側もID検索ができないし、ID検索をしてもらっても自分が出てこないようになってしまうので、そこをどうにかしたいなー、と思うようになりました。



そこで、いっそのこと現在使っているmineoからLINEにMNPしてしまえば良いのではと、思うようになりました。



現在はmineoの500MBの通話機能付プランを使用していて、家族割を入れて月額1,350円なのですが、これをLINEモバイルにすると、データ容量は2倍の1GBになり、LINEはカウントフリーで、さらに年齢認証もできるようになります。

これで月額料金はまさかのmineoより150円安い1,200円。


これはもう変えるしかないと思うんですよね。



ちょっと高いくらいでも変えようかなー、と思っていたので、安くなるのであればもう変えない手はありません。



ということで、mineoの最低利用期間が終わる8月を過ぎたら、LINEモバイルにMNPしようかと考えております。



本当に、人によって合っている格安SIMは変わるので、それを選ぶのがとても楽しいです。



最近のLINEモバイルは通話料金にも力を入れているようで、新しく中継電話サービスを始めたみたいです。

スクリーンショット 2017-06-30 0.18.56.png


ますますMVNO業界で力を発揮しているLINEモバイルを今後も注目していきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: