2016年09月26日

月10GBでいけるかな?(WiMAX vs MVNO)

今回はまたネット回線の比較のお話です。


先日、3大キャリア(docomo,au,softbank)からそれぞれデータ大容量プランが発表され、相場は20GBで6,000円でした。



ただし、これには通話料金が含まれておりません。

たとえば、auのスーパーデジラ(20GB 6,000円)と電話かけ放題プランS(5分以内の通話料無料、誰でも割適用で1,700円)で契約をすると、月々の基本料金は7,700円。

最低でもこのくらいかかるわけです。


前に動画でこのプランとMVNO+WiMAXだとどちらがお得か?という主旨の動画を出しました。



今日は、この中では特に取り上げなかった、MVNOのテザリングの話をしたいと思います。


auのスーパーデジラでテザリングを使う場合、基本的には月1,000円(2017年4月までは無料)かかるようで、運用コスト的には結構かかります。



それに対し、現在使っているmineoは、テザリング料が無料です。
実効速度はもちろん3大キャリアにかなうものではありませんが、普段使いとしてテザリングをするには特に不便に感じることも少ないです。


現在は3GBで約1,500円で運用していますが、これだけで1ヶ月は到底過ごせないので、前の動画ではWiMAXを併用するプランを提案してみました。


しかしながら、そのデメリットとして、端末を2台以上持ち歩かなくてはならなかったり、WiMAX(2+を含む)のエリアカバー範囲がどうしても4G(LTE)に劣ったりすることがありました。


今回は第3の手段として、"MVNOを最大限に使う"ということを考えていきたいと思います。


簡単に言うと、MVNOの回線だけで生活する、という考え方です。


この方法で最も恩恵があるのは、もちろん月額料金です。


例えば、mineo デュアルタイプのAプランで最大の10GBを契約する場合、月額3,130円となります。

これは3大キャリア契約時はもちろん、MVNO+WiMAX利用時のプランよりも圧倒的に低い価格です。


他にもMVNOだけで生活できそうなプランを持っている会社は調べてみたらたくさんありましたが、実効速度でいうとイマイチなところがほとんどでした。


どのサイトを見ても、ダントツで速いのはUQ-mobile(au系)ですね。WiMAXを出している会社なだけあり、通信速度にはかなり定評があります。
もっと多くのプランが出れば、間違いなくユーザーはかなり増えると思います。


それぞれにあった通信速度がありますし、どこが絶対いい!と一概に言うことはできませんが、是非参考になればと思います。
posted by Ryu Saito at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: