2017年09月21日

【20170921】能動的な仕事を取り入れよう

例えば会社員なら、会社にはやらなければならないことが元々あって、それをこなしていくことが「仕事」になりますよね。

これは自分で仕事を作るのと比べて非常に楽で、収入も安定する場合が多いです。

これは、今日の記事でいうと「受動的な仕事」ということになります。


その一方、収入も安定せず、作り出すのも難しい、「能動的な仕事」を、この記事では推奨したいと思います。

もちろん、いろんな人がいろんな考えを持っており、この記事についてもあくまで筆者の一意見に過ぎないことを、先におことわりしておかなければなりません。


ここでいう「能動的な仕事」は、何も独立をして自分で働くことを薦めているわけではありません。

日常の中に、自分で考えてやることを加えることによって、今まで受動的だった仕事にも影響が出てくることを伝えたいです。


能動的に何かをするのは、とてもエネルギーの要ることです。

何をすべきか考えるために使う時間は、集中しなければならない時間でもあります。


毎日仕事をこなすばかりの人にとってはもちろん非日常。

新しく物事を始めるわけですから、いつものようにうまくいかないことだってきっとたくさん出てきます。
でも、それが日常になり始めると、もともと受動的だった仕事にも変化が現れてくることと思います。


能動的な仕事を作ることで最も良いと言える点は、「様々な気づきがあることに気づくこと」だと思います。


毎日受動的に過ごしていると、日常の些細な変化にも気づかなくなり、鈍感になっていきます。

「気づき」はある意味スキルであり、使わなければ衰退していくものです。

意識して能動的に動くようになると、気づきもたくさん出てきます。

それは物事の良い部分だけではなく、もちろん悪い部分にもたくさん気づくようになります。


時として目を背けたくなる時だってあるでしょう。
自分の手に負えないと思うことだってあると思います。

その時に、今度は「能動的に仕事をする」スキルが活きてきます。

様々な気づきを得る頃には、能動的に動くスキルが十分備わっていることでしょう。

自分から動くときには、必ずと言っていいほど"責任"が伴います。


責任と自由は表裏一体なんですね。


みんな自由になりたい、日常から解放されたい、と言いつつも、責任からは逃れようとします。
これではいつまで経っても自由になんてなれませんね。


自由を選ぶなら、責任もちゃんと負う覚悟をしなければなりません。

責任は、薬と似ていて、正しく使えば自分にとって大きなモチベーションや力になるものだと思っています。

多くの大人は、責任の利用の仕方がわからず、怖がっているだけのようにも見えます。


子どもには"責任"なんてわからないので、とにかく自由です。
「責任」とは何か教えなければならない大人自体が、「責任」を怖がっています。

そしてその結果、子どもの自由を縛ることになります。

責任は、話で分かるものではないと思います。

身をもって自由を体験し、そこには責任が付き纏っていることを肌で感じる必要があります。


それを感じられる最もリスクの少ない手段が、「能動的な仕事をする」ことだと思います。

会社員でも、能動的に仕事をしている人は昇進もきっと早いし、より上の役職に就く傾向があります。

自分で考えて行動する分、その人には責任が伴いますが、その使い方を知っているので、責任は信頼へと変わります。


どんなに小さいことでもいいと思います。
責任を伴わないことから始めたってもちろん良いと思います。

自分のためだけではなく、誰かのために自発的に何かを行うことで、自分自身の幸福度もきっと上がることでしょう。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

【20170920】"Huawei nova lite"は低価格ながらメインスマホとして十分成立する高コスパスマホだった

Huawei nova liteを手に入れてから2ヶ月半が経過しました。


なんとなくですが、実際に使ってみた感想を書いていこうと思います。


まず第1印象ですが、今までiPhone7を中心に使ってきていたので、
でかい!
と感じました。

iPhone7は4.7インチ、nova liteは5.5インチで、1インチ弱の違いがあります。

これは手に持った感じでもよくわかるくらいの大きさの違いです。


個人的にはiPhone7くらいの大きさのスマホをメインで使いたいですが、nova liteはiPhoneのPlusの方とほぼ一緒の画面サイズです。

このくらい大きい画面のスマホであれば、例えば動画を見たりするのが多い方にとっては最良の大きさといえると思います。


nova liteのメリットは何といっても
「価格が安いのにミドルスペックの性能を持ち合わせている」
ということだと思います。

定価は2万円程度で、最近は安いところだと2万円を切る値段でも新品が手に入るところもあるようです。


たいていこの価格帯のスマホは、各種機能や性能を抑えた"エントリーモデル"と呼ばれ、「とりあえずスマホを持っておきたい」というようなライトユーザー向けのものが多いのですが、nova liteは、ある程度性能も重視している端末といえるので、ヘビーユーザーの使用時もストレスがかかりにくいスマホといえます。

動作も基本的にサクサクです。

指紋認証の精度は、個人的にはiPhone7に勝ると思いました。
指紋認証の反応速度もとにかく早いです。


ネックとしては、防水機能やおサイフケータイがついていないこととですかね…ここまで求め始めたらもっと値段上がっちゃいますよね。
あと、内臓ストレージが16GBしかないのですが、microSDカードスロットを搭載しており、最大128GB分までストレージの拡張が可能です。
合計すると144GBまで増えますね。


個人的には、これ1台でもなんとかなる人は多いんじゃないかと思います。


とにかくコスパの高いスマホが欲しいなら、Huawei nova liteはオススメできる機種といえます。
続きを読む
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

【20170919】マルチデバイスでタスク管理ができる「Googleカレンダー」

ずっとこのブログでは、
"Appleのリマインダーが最強"
と言い続けてきました。


Google keepも、Office One Noteも、試してみましたが自分にはありませんでした。



でも、意外な盲点がありました。

Googleに標準で搭載されている「Googleカレンダー」。


なんとこれにはリマインダー機能もあり、使い勝手もAppleのリマインダーとさほど変わらずにいい感じです。



何より最大のメリットは、今までiPhoneとMacbookでしか共有できなかったリマインダータスクが、手持ちの全デバイスで使えるようになったことです。

現在サブスマホとして使用している「Huawei nova lite」はもちろん、唯一持っているタブレット端末の「Nexus7(第2世代)」や「Chromebook(C100PA)」でもリマインダーが全て共有できるので、どの端末でも作業ができるようになりました。


どんどんGoogleに依存しています…


共有ファイルは「Google Drive」、仕事のメモ・付箋代わりに「Google Keep」、ブラウザはもちろん「Google Chrome」、ナビアプリは「Google Maps」、個人のメインメールアカウントは「Gmail」、現在無料期間で使っている音楽ストリーミングサービスの「Google Play Music」、そして今回タスク管理に「Googleカレンダー」を導入することになったわけです。

YouTubeだって今ではGoogleのサービスだし、その中で広告掲載サービスの「Google Adsense」も使用しています。



Googleからは逃れられない…


Appleにも相当依存していますが、この2大巨塔がなくなってしまったら、世界のインターネットとメディア業界に予想だにしない激震が走るのは言うまでもないですよね。



これだけ使っているGoogleのサービスが多いということは、それだけ便利な機能を備えたアプリやサービスを提供してくれている、ということでもあると思います。


これからもたくさんお世話になろうと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする