2017年08月31日

【20170831】周りも自分も常に変化している

大人になると、1年が過ぎるのが早くなる、といいますよね。


一般的には、新しい発見や学びが減り、日常に対する非日常の割合が減っていくから、と言われていますね。


もちろんそれが1番の理由だと思いますが、そうなってしまっている自分自身の変化には、あまり気づかないものです。



つまり考え方によっては、死ぬまでの人生を長くすることが可能なのではないでしょうか。



そのために必要なことは、常にレベルアップしていくことのみだと思います。

レベルアップをするためには、試行錯誤が必要です。


人が最もレベルアップを感じることができるのは、できないことができるようになった時だと思います。


よく「新しいことに挑戦し続けよう」と聞きますが、なぜ「新しいこと」じゃなきゃいけないのかを考えた時に、きっとレベルアップが楽にできるからなんじゃないかと思います。


ゲームとかでも、レベルが低いうちは少ない経験値でレベルアップできますが、レベルが上がっていくにつれて、次のレベルになるための経験値が上がっていって、より強い敵を倒したりしないとレベルアップが難しくなりますよね。



何かを究めることは並大抵のことではないですから、自分でゴールを決めて、目標を立てて継続して取り組んでいく強い精神力が必要になります。

最初からそれができる人はとてもすごいですが、自分を含め、ほとんどの人はきっと難しいんじゃないかなあと思います。


だから、何かを究めたいと思ったら、それを究めるための準備運動として、簡単にレベルアップできる新しいことにチャレンジしてみて、成功体験を得ながら、本来の究めたい方へのモチベーションにしていくのも、良いかもしれませんね。



究めたいものがたくさんある人は、それだけ好奇心も旺盛な人でしょうから、周りに流されずに、時間を有効に使いながら毎日を過ごす必要が出てきます。

筆者もそのうちの一人で、いろんなことに興味を持っては、挑戦し、成功したり失敗したりしています。

ほとんど失敗の方が多いですが、それでも楽しかったら続けられるんですよね。


うまくできなくても、良いじゃないですか。
レベル低くても、やりたいことなら、続けた方が良いと思います。


センスや才能はもちろんあると思いますが、ある程度のレベルまでは努力量でカバーできる部分もあります。


いろいろなことにチャレンジして、1日を少しでも長く感じることができるようになれば、毎日の生活も少しだけ彩りのあるものになっていくかもしれませんね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

【20170830】私たちの見ている北朝鮮は、本当の北朝鮮ではないかもしれない

リオオリンピックで、確か卓球だったと思うんですが、韓国と北朝鮮の選手が一緒に写真を撮って、それがクローズアップされたことがありました。


そうした行動の一つ一つが恒久的な平和につなげるための唯一の答えになりうると思うんですよね。



結局、ミサイル発射のようなことが起きてしまうと、私たちは「北朝鮮="危ない国"」という印象を持ってしまうし、それはしょうがないことなのかもしれないです。


でも、実際にミサイルを発射しているのは、北朝鮮のトップの人たちだけなんですよね、きっと(そう思っていたい筆者の、ある種恣意的な思いもありますが…)。

北朝鮮の国民の総意としてのミサイル発射とは到底思えないんですよね。



日本が世界に向けて戦争を仕掛けた時も、日本以外の国も含め、諸国民のほとんどは、戦争なんて望んでいないはずです。



なんだか国同士の争いというよりも、平和を違う方法で叶えようとしている人たちの争いのようにも見えますよね。


力が有事の抑止につながることは否定できませんが、それが人間の心、考えの限界だとするならば、あまりにも悲しい現実です。



今回の一件が、世界的有事に発展しないよう、ただただ祈るばかりです。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

【20170829】咳喘息になりました

タイトルにある通り、現在「咳喘息」らしき症状が出ています。


先日風邪をひいたときは、特に咳は出ず、鼻水や頭痛がメインだったんですが、風邪が良くなり、体調が安定してきてからは咳が全く止まらない状態が続いています。


ネットで調べてみたら、どうやら「咳喘息」という症状らしいです。


長い人は数ヵ月間継続して咳が出続けるものなのですが、実はこの症状、今回が初めてではないのです。


前回発症したのは大学2、3年生くらいの頃で、同じく夏風邪をひいた後に同様の症状が出たのですが、その時は1ヶ月半くらい咳が止まりませんでした。


その時は百日咳かと思ったのですが、百日咳は子供がよくかかるウィルス性の病気らしいですね。


小さいころに気管支炎を患ったこともあり、軽度ながらも喘息持ちなのかなあ、と思っていたので、「咳喘息」という言葉に納得できる部分もあります。



治療薬はステロイドらしいのですが、ステロイドは副作用が怖いので、治るまでは辛いけどこのままにしておこうかなと思います。


これから気温差がだんだん激しくなっていくと思うので、皆さんも風邪には十分お気を付け下さいね…。

風邪自体もそうですが、筆者のように二次的な病気もありますので、毎日の健康管理は大切ですね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする