2017年07月28日

【20170728】夏休みにしてたこと

1年に1度の夏休み。

特に一番楽しかったのは小学校時代の夏休みですかねー。


地区の育成会でキャンプに行ったり、友達と1日中サッカーや野球をしたり、かと思えばずっとゲームしたり。


勉強そっちのけで遊びまくったのは今でもとてもいい思い出です。


小学校低学年の頃はカブトムシを育てたりもしてました。



中学の夏休みはずっとサッカーの練習で、高校は合唱と課外漬けだった思い出しかありません。

大学は1ヶ月半も夏休みがあって、しかも春にも大型の休みがありますよね。


大学では合唱とアカペラ漬けの生活を送っていたので、本当に音楽に満たされた休みを過ごしていました。


社会人になってからは夏休みはなくなりましたが、なければないで別にいいかな〜と思ってます。



でも、あの日、あの時代の夏休みで感じたことだったりを、これからも忘れないようにしていきたいですね。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

【20170727】会計事務所に入って良かったこと

やっと少しずつ現在の職場の業務も慣れてきました。

覚えなきゃいけないことはまだまだ山のようにありますが、基本的な業務はだんだん人に聞かなくてもできるようになってきました。


今日は、入社から3か月が経過して感じた、会計事務所に入って良かったことを書いていこうと思います。




まず最初に思ったのは、「会社のお金の流れがわかるようになってきた」ということ。

例えば「利益」に関する項目なら、「粗利(売上総利益)」や「営業利益」「経常利益」「当期純利益」などのいろんな言葉が出てきます。

これらがそれぞれどう違うものなのか、今まではあまりよくわかっていませんでしたが、試算表を何度も何度も見るので、だんだんと一つ一つの言葉の意味が分かってくるようになりました。


それ以外にも、各種経費の消費税区分についてだったり、試算表から見えてくるそれぞれの会社の問題点や悩みなど、数字が教えてくれる世界に少しずつ魅力を感じ始めてきています。




そして次は「資金の使い道に関する世界が広がった」ということ。

一見わかりにくい表現に見えるかもしれませんが、会社は利益を追求する組織なので、どの会社も利益を上げるために資金を様々な手法で運用しています。

今まではどちらかといえば消極的な運用(例えば、預金金利の高い口座に現金を預けるとか、元本割れリスクの低い投資をするとか)ばかり思いついていましたが、そもそもこの運用は、この運用方法自体を生業としていない限り、営業外収益(費用)となるので、営業利益には何ら影響のない数字です。

事業の利益をより大きく生み出す為に各社が行っている資金繰りを見ながら仕訳をしていると、それぞれの会社の方針や想いが見えてきたりすることもあります。

何のためにその商品を仕入れるのか、外注を出すのか、などを考えながら見ると、意外と楽しかったりします。




やっぱりゆくゆくは自分のやろうとしていることにも活かしていきたいと思っています。

2015年に3人で作った「King of Tiny Room」はまだまだ小さい事業ですが、それでも少しずつ認知され始めてきて、楽譜も毎日コンスタントに売れるようになってきました。


更なるステップアップをするためには、収益をどのように使っていくのか、というのも肝心だと思います。

もちろん、報酬として分配することが一番重要だと思いますが、収益を分配しているだけでは大きくはなれないと思います。


そのためには、楽譜販売以外にもう一つ、収益性の高い事業をする必要があると思ってます。


やりたいことと収益性のバランスは、はっきり言ってとても難しい問題です。

でも、見つからないとは思っていません。


毎日の仕事やKTRとしての活動でつける知識や経験の中で、きっと自分たちのやりたいことと合致する収益性の高い事業があると思うので、今はそれを考えながら、今までやってきたことをこれからも大きくしていけるように、やっていきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

【20170726】過去問演習って大事だな…

社労士試験まで1ヶ月となりましたが、今までほとんど問題演習をしてこなかったのが原因で、この前受けた模試では問題を解くことが全然できませんでした。


単純に知識や理解が足りていない、というのも当然あると思いますが、一番の感想は「問題慣れしていない」ということでした。


社労士試験は、選択式と択一式の2種類に問題が分かれていて、特に択一式は、多くの問題を解かないとなかなか点数が取れないような、難解な文章も結構出てきたりします。

この前の模試では、それを読むのだけに相当なエネルギーを使ってしまい、集中力を欠いてしまったように思います。


そこで、付け焼刃かもしれないけど、試験本番までの残り1ヶ月で、できるだけ多くの問題を解くことにします。


幸い過去問は手元に5,6年分あるので、これをひたすら解きまくる。

平日はなかなか時間を取るのが難しく、1単元分くらいの問題を解く時間くらいしか取れませんが、休日の空き時間を問題演習に少しでも費やすことができれば、ある程度の問題演習量になるかと思います。


とにかく今は少しでも多くの問題を解いて、用語や条文に目が慣れるようにしたいと思います。


仮に今年落ちても、来年ちゃんと受かれるように、今からできることをなんでもやっていこうと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする