2017年01月31日

【20170131】格安SIMの大容量プランは本当にお得なのか?

docomo,au,softbankで去年、20GBを超える大容量プランが発表されたのは記憶に新しいですね。
20GBのプランの場合、月額相場は6,000円となり、基本料金と合わせても最低8,300円〜となります。

一方、格安SIMでの20GBプランの相場は、音声通話付きのもので約3,000~5,000円と、かなり開きがあります。
30GBになると最低でも6,000円くらいになるので、大容量プランの格安SIMは今のところあまりお得とは言えません。
とは言え、所持する端末が1台で済むのは大きなメリットでしょう。

個人的には28日に紹介した記事「格安SIM×無制限LTEモバイルルーターは、予想外に快適」でお伝えしている通り、格安SIMの料金をなるべく低額なものにし、別途LTE無制限のモバイルルーターを持つのが容量リスクもなくストレスフリーにネットを利用することができます。
月額料金も5,000円前後で高速ネットが使い放題となるため、年間通信料は6万円前後となり、大手キャリアの大容量プラン(20GB)を契約するより年間2万円以上の通信費削減効果があります。

月に直すとそんなものか、と思うかもしれませんが、年で考えると、意外とバカにならない額ですよね。
とにかく通信費は、削減が容易な分野であるにもかかわらず手をつけていない人がとても多くいます。

光回線(固定回線)自体も不要になる人もいる(うちは不要になりました)ので、それも合わせると年間5万円くらいは通信費を削減できるのではないでしょうか?

ここに手をつけないのはとてももったいないと思います。
少しでも無駄なお金をキャリアやプロバイダーに払わないように、ちょっとの努力で、通信環境を見直してみてください。



さて、1月も今日で終わりですね。
2月も格安SIMの話が続くのか、はたまた別のものにはまり出すのか、それはわかりませんが、2月も毎日ブログ更新、頑張っていきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

【20170130】格安で電話もネットもし放題にする方法

今日は、格安の料金でネットだけでなく電話も料金を気にすることせずに使うことができる契約の組み合わせを紹介したいと思います。


組み合わせはこちら。
Y!mobile スマホプランS(かけ放題オプション) × ivideo Softbank LTE無制限

料金は以下の通り。
Y!mobile スマホプランS(データ1GB)
→契約から1年間は月額1,980円、2年目以降は2,980円
(かけ放題オプション ※長時間通話する方用)
→月額1,000円
ivideo Softbank LTE無制限
→月額3,500円

これらを合算すると、最初の1年間は6,480円、2年目以降は7,480円です。
Y!mobileのスマホプランには標準で10分間かけ放題(2017年2月から回数無制限)が付いているので、電話の多い方でも10分以内で収まるのが多い方であれば、かけ放題オプションは必要ありません。
その場合は最初の1年間は5,480円、2年目以降は6,480円となります。

現在の通信料金と比べてみてください。
ivideoは昨日記事にした通り、ネットが無制限で使えるモバイルルーターのレンタルサービスです。

各サービスの詳細は公式ホームページをご覧ください。

筆者には妹がいるのですが、仕事柄電話をよく使うので、このプランを検討中です。
さらにいいプランがあったら是非教えていただきたいのですが、調べた中ではこの組み合わせがベストだと思ってます。

早いもので1月も明日で最後ですね。
もう2月がやってきます。
2月も毎日更新、頑張っていきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(0) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

【20170129】格安SIM×無制限LTEモバイルルーターは、予想外に快適

今日は、現在使っている通信環境の紹介をしたいと思います。


ちなみに現在の筆者の通信利用状況は以下の通りです。


電話回線(発信)→ほとんどゼロ/月
ネット回線→約50GB/月


きっとこういう人、結構いるんじゃないかと思います。
YouTubeなどの動画サービスが大好きでデータ量が無限に欲しい。
通話をたくさんする人も、実はLINEが多かったりするのではないでしょうか?
LINEはインターネット回線を使用しているので、通常の電話回線を使うことはありません。
最近はIP電話アプリなども沢山出て来ているので、電話番号が欲しい方や通話が多い方でも、活用次第で電話代はゼロにすることが可能です。


では、1月29日現在の筆者の通信環境を紹介します。

メイン回線
・mineo(docomo回線) デュアルプラン 3GB 月額1,550円(家族割-50円込)

まず、メイン回線で使っているMVNOは、このブログでも幾度となく出てきている「mineo」です。
こちらはデュアル(音声通話機能付)プランでデータ容量は3GBのプランです。
月額は、dプランの場合通常1,600円ですが、両親もmineoを利用しているので、家族割が適用され、月額50円の値引きが受けられています。
最初はKDDI(au)回線が使えるプランということで格安SIM探しが始まったのですが、auのプランだとiPhoneでテザリングが使えないため、途中でSIMフリーのiPhone7を手に入れたことをきっかけに、docomoのプランへ変更しました。
格安SIMに興味を持ち始めた昨年当初から唯一使い続けているMVNOです。
通信速度もそこまで遅くなく、mineoユーザー向けのコミュニティサイト「マイネ王」での各種サービスも手厚かったり、運営が毎日のように更新情報をブログやメールで公開してくれるので、透明性が高いのも大きな特徴です。
個人的にとても気に入っているMVNOのため、これからのmineoにも期待し、契約はこれからも続けていきたいと思っています。



サブ回線
・ivideo Softbank 4G LTE 使い放題 月額3,500円

次にサブ回線の紹介です。
現在使っているのは格安SIMサービスではなく、Softbankが法人向けに提供しているサービスを「ivideo」というところからレンタルして使用するサービスです。
あまり通信業界の事情に詳しいわけではないので細かい部分は割愛しますが、とにかく容量無制限でSoftbankの本回線が使い放題です。
実効速度は場所や時間帯によって大きく変わりますが、筆者の居住地(福島県二本松市…田舎です)では昼夜を通して約8~15Mbps、福島県郡山市(福島県の中では都会です笑)では正午過ぎで20~30Mbpsは出てました。
人が集まるところはそれだけ設備も増強しているようですね。
でも、8MbpsだったとしてもWiMAX2+の制限後の速度よりは出てますし、YouTubeを高画質で視聴することも全く問題なく可能なので、とても満足してます。
以前にサブ回線も格安SIMで運用しようとして、無制限プランを契約するも、満足のいく速度は全く出なかったので、多少金額が上がってもストレスフリーな通信環境を整えることの方が自分にとっては重要でした。


この2つを合算すると、月額料金は
1,550円(mineo)+3,500円(iVideo)=5,050円
となります。
他に通話料(20円/30秒)はかかりますが、ほぼゼロですし、電話するとしても現在「楽天でんわ」を利用しているので、10円/30秒で電話をすることができます。

もちろん家に固定回線はありません。
その上で快適な回線と電話料金の合算がこの月額です。

去年はauを契約していたのですが、その時はau自体の料金で月額約7,000円、固定回線(auひかり)は初期費用や工事費も合算して月額4,000円ほどは支払っていたと思います。
即ち合わせて11,000円
今の倍額支払っているのにもかかわらず、携帯の4Gデータ(モバイルデータ)通信は7GB制限、さらに固定回線のためネット無制限エリアは家だけ、という感じでした。


これを考えると、現在の通信環境は相当満足のいくものになっています。
今日の記事はこの料金を自慢したいわけではなく、少しでも多くの人に、通信費は、工夫次第でもっと節約して現在と同じような環境を作ることができる、ということを知ってほしくて書かせていただきました。


ただ、まだまだマイノリティな使い方をしていることに変わりはないと思うので、通信料をもっと安く済ませる運用法が少しでもメジャーになるように、これからも記事を書き続けていきたいと思います。
posted by Ryu Saito at 12:00| Comment(2) | 格安SIM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする