2016年12月25日

2016年、KTR元年

久しぶりのブログ更新です。

2016年、クリスマスも終わり、2017年まであと少しになりましたね。
おそらくこの記事が2016年最後ということで、今年を簡単に振り返ってみようと思います。



まず4月で仕事を辞め、単身オーストラリアへ。
今思えば相当血迷っていました。


いろんなことから逃げ出したいような、そんなマイナスの感情よりも少しはあったけれど、単純な好奇心の方が強かったのを覚えてます。



実際に外国に住んでみて、意外にも普通に住めるもんだなあ、と思いました。

そりゃあ、言葉はわからないし文化も全然違うけれど、同じ人間だし、分かり合えるところも沢山ありました。


個人的にはとてもいい経験ができたと思っていますが、やりたいことも見つかり、時間は待ってくれない、ということで、1年間在住する予定だったオーストラリアから3ヶ月弱での帰国。


そこからいろんなことを始めました。

まずは、資格取得の勉強。

大学生時代は「資格なんてあったってなんの役にも立たない」と本気で思ってました。
実際に大学生時代の自分が資格を取っても、なんの役にも立たなかったでしょう。

資格のその先にあるものを知りませんでした。

これは実際に社会人になってみて、責任ある立場で働かないとわからないことだったかもしれません。


社会にとって自分が役に立てる分野は何なのかを考えた結果、やりたいことはいくつか見えてきました。

まずは、お金の運用のプロになること。

運用のプロといっても、株やFXで儲けるとかそういうんではなく、総合的な資産運用の面で、役に立ちたいと思うようになりました。


それが「ファイナンシャルプランナー(FP)」という仕事です。

まだあまり日本では確立されている職業ではないのかもしれませんが、これから年金が減り、充分な社会保障も得られるかわからない中で、需要増加が予測されている職業です。


簡単に言えば、"お金のお医者さん"とも言えるのではないでしょうか。

税理士や会計士は、主に企業向けにそれぞれの専門分野で活躍しているイメージがありますが、FPは、主に個人向けに、それらの総合的なマネジメントサポートをする人たちです。

取り扱う分野は多岐にわたり、税金や(公的・私的問わず)保険はもちろん、金融資産の運用出会ったり、不動産や相続・事業承継に及ぶまで、お金に関するありとあらゆる問題についてアプローチをしていきます。


9月にその3級を取り、現在は1月にある2級の試験に向けて継続して勉強中です。
2級に合格すると、AFPという別の資格も取得でき、実務レベルでの需要も増します。



さらにここから派生して、お金勘定と言えば経理、経理と言えば簿記、ということで、簿記に強くなろうと、日商簿記の受験も決めました。

大学生時代に軽く触れただけで、最初は3級の範囲もよくわからない状態からのスタートでしたが、今では11月に行われた日商簿記2級の試験に合格することができ、財務諸表を解読したり、簡単な貸借対照表・損益計算書も自作できるまでになりました。

この知識はKTRの活動に直接的に生きてくると思うし、実務面でもとても役に立つ資格だと思います。


そして、来年とろうと思っている最大の山が、社会保険労務士です。


以前の記事で、中小企業診断士の取得を考えている旨を書いた記憶がありますが、それにも増して取りたい資格として、社会保険労務士がありました。

これをとろうと決めたのは先月のことだと思います。


内容を見ていたら、FPなどの分野と相性が良く、実務を考えた時にとても鮮明に形が見えた資格でした。


中小企業診断士ももちろん取りたい資格ではありますが、まずは社会保険労務士に挑戦することにしました。

すでに先月から学習は初めており、覚えることの多さに困惑しながら、何とかいろんな法律を頭に叩き込んでおります。


今年の夏まで、まさか自分が冬にこんな感じになっているとは思ってもいませんでした。

来年は、今年の充電期間を無駄にしないように、FP2級と社労士にちゃんと受かって、自分のしたかった仕事ができるようにしたいと思います。




急に話は変わりますが、2016年、何と言ってもKing of Tiny Roomの活動が活発化した元年でもありました。

最初はアカペラ楽譜の販売のみを細々と行っておりましたが、宣伝も兼ねてYouTubeに動画をアップしよう、という話になり、いろんな人とネットを通じてコラボをしたり、アカペラサークルのイベントの記念動画の作成に携わったりしていく中で、より多くの人に楽譜を買ってもらったり、動画を見てもらったことで、とても有意義な1年間の活動とすることができました。

YouTube、よかったらご覧ください。


2017年は活動が2年目に突入する、ということで、引き続き楽譜販売を中心に、様々な人たちとコラボしたりしていきながら、またマイペースに頑張っていきたいと思います。




2016年はやりたいことが2つも見つかり、実際に行動に起こすことができた、本当に良い年でした。

でも、まだ何もちゃんとした形になっていません。
2017年はブレずに自分にできることを着実に継続して、それが少しでも形になっていったら良いな、と思います。



2016年、本当にお世話になりました。
こんなに長文の記事を最後まで読んでくれた貴方に感謝いたします。

2017年も、よろしくお願いします。
続きを読む
posted by Ryu Saito at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする